年式別買取相場記事一覧

ハリアー平成13年式買取相場0万円〜10万円平成13年式(2001年式)ハリアーはちょうど2000年にマイナーチェンジを行い、前後のデザインや小排気量モデルに搭載されているエンジンが2.2リッターから2.4リッターに変更された後のモデルということになります。このエンジンはアルファードやヴェルファイア、エスティマなどの小排気量モデルに搭載されたものと同じとなり、共通性を持たせたことによってコストダウ...

ハリアー平成14年式買取相場0万円〜10万円ハリアーの平成14年式(2002年式)はいわゆる初代ハリアーの最終モデルということになります。最終モデルといえばそのモデルで一番熟成されたものでよく出る故障なども克服されていますし、マイナーチェンジを何回も行ってトヨタならではの消費者にあわせた車作りも完成された状態となっていますので車体としてはある意味、完璧な状態といっていいでしょう。ただ、実際には20...

ハリアー平成15年式買取相場0万円〜20万円平成15年、2003年はハリアーが初代モデルから2代目モデルになった初めてのフルモデルチェンジを行った年です。フルモデルチェンジは2月に行われたので、初代モデルも約一か月間売られていたので、2003年式といってもすべてが2代目モデルということではありませんが、一か月後に新しいモデルが発売されるのを分かっていて、在庫一斉処分で値引きが大きいとは言ってもあえ...

ハリアー平成16年式買取相場0万円〜30万円平成16年式ではハリアーにアルカンターラバージョンという特別仕様車が追加された年でもあります。アルカンターラは簡単に行ってしまえばバックスキンタイプの合成皮革で本革のバックスキンとは全く違う性質を持ちます。通常の合成皮革と比べると耐久性が非常に高く、ポリエステルとポリウレタンで出来ている割に難燃性となることから、ヨーロッパでは高級車を中心に早くから自動車...

ハリアー平成18年式買取相場10万円〜50万円平成18年式は、2003年にモデルチェンジして、のちにアルカンターラバージョンなどの特別仕様車が追加された以来、何も変更点が加えられないまま販売されていたモデルです。ですので、車としては2003年式や2004年式とほとんど変わりがありません。翌年の2006年にエンジン変更などの比較的大きな変更を行ったので、この2005年式は初期モデル最後のものというこ...

ハリアー平成19年式買取相場50万円〜100万円平成19年は、ハリアーが2代目になって始めた大きな変更点が与えられた年です。変更点の目玉となるのが大排気量モデルのエンジン、それまで使われてきた3リッターエンジンの1MZ-FE型から3.5リッターの2GR-FE型に置き換え、排気量もさることながらパワーも220psから280psへと大幅に向上しました。それ以外にも全車にディスチャージヘッドライトの採用...

ハリアー平成20年式買取相場110万円〜170万円ハリアーは平成20年にもマイナーチェンジほど派手なものではありませんがちょっとした小変更を行っています。変更時期が1月ということで2007年式のほとんどが変更後のモデルということになりますが、変更と言ってもフロントグリルのデザイン変更や下品なメッキパーツの追加程度で2006年式とほとんど変わらないような感じです。2007年式だからといってこれといっ...

ハリアー平成21年式買取相場100万円〜160万円この年は、ハリアーの中で最高級グレードといっていいような特別仕様車が発売された年です。平成21年式のハリアーを持っている方にもこの特別仕様車を持っている方が多いのではないでしょうか。グレード名はアルカンターラ・プライムバージョン、240G Lパッケージと350G Lパッケージをベースとしているので240G Lパッケージ・アルカンターラ・プライムバー...

ハリアー平成22年式買取相場130万円〜190万円ハリアーはもともとトヨタのレクサス店でRXシリーズとして販売するために作られた車を他の店舗でも販売できるようにと作り直されたものですが、2009年にレクサス店ではハリアーとは全く関係のない3代目RXシリーズを発売しました。これによってRXシリーズとハリアーとは全く別の車ということになり、レクサス店では3代目モデル、トヨペット店では今まで通りの2代目...

ハリアー平成23年式買取相場150万円〜200万円平成23年は2代目ハリアーにとって惰性で売り続けるようになる最初の年といっていいでしょう。レクサス店との関係を切り離され、エンジンも2.4リッターエンジンモデルだけという設定、これといった新しい装備が付けられるわけではなく、世の中もハリアー熱が冷めつつある年でした。そして2003年に発売以来いまだにフルモデルチェンジが行われていないという事実から、...