ハリアー平成15年式買取相場

iPhoneSE予約ハリアー平成15年式買取相場
0万円〜20万円

平成15年、2003年はハリアーが初代モデルから2代目モデルになった初めてのフルモデルチェンジを行った年です。

フルモデルチェンジは2月に行われたので、初代モデルも約一か月間売られていたので、2003年式といってもすべてが2代目モデルということではありませんが、一か月後に新しいモデルが発売されるのを分かっていて、在庫一斉処分で値引きが大きいとは言ってもあえて古いモデルを購入する人は少なく、事実上2003年式といえば2代目ハリアーの初期モデルを指すことになります。

2代目ハリアーでは大きくデザインを変え、初代モデルの様なクラウンを強く意識したものではなく、レクサス店で発売するRXシリーズにかなり近い先進的なデザインとなりました。
エンジンは先代モデルから2.4リッターエンジンと3リッターエンジンを持ちこしているので走行性能的には初代モデルと同様のものとなりました。

やはり人気モデルで新しいモデルが出るとそれなりに売れるもので、この2003年式の2代目モデルもかなりの販売台数となりました。

この頃も大排気量エンジンモデルより小排気量エンジンモデルの方が売れ行きがよく、2.4リッターエンジンモデルが主力商品となりました。
現在の中古車市場を見てみるとやはり多くは2.4リッターエンジンモデルで3リッターエンジンモデルはかなり少ない様子です。

ただこの辺は現在の中古車需要形態が2.4リッターエンジンモデルがメインとなっているということから願ったりかなったりの状態となります。
ただ、やはり2003年式ともなると全体的に需要は少なく、更に初期モデルということもあり、細かいトラブルを抱えたまま販売されているということから、中古車販売価格も安くなりおのずと買取店での買取金額も安くなってしまいます。
どうしてもモデルチェンジした直後に発売された初期モデルというのは何かとトラブル続きであることが多く、ハリアーの場合はエンジン本体の大きなトラブルから電気系の小さなトラブルまでいろいろなトラブルを持っていました。

もちろん新車で購入すれば無償で修理してくれるのですが、当時はそういった故障が出なかったため修理に出すことはなかったが、車体が古くなった今になって故障することがあります。
そうなると保証期間をとっくに過ぎているので有償修理となるため小さな故障はそのままにされることが多く、それが中古車市場に入ってきてその年式全体の価値を下げてしまうのです。
ですので2代目モデルといっても2003年式は明らかに安い金額で買い取られます。
⇒ハリアーを買取相場よりも高く売る方法

関連ページ

ハリアー平成13年式買取相場
ハリアー平成13年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成14年式買取相場
ハリアー平成14年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成16年式買取相場
ハリアー平成16年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成18年式買取相場
ハリアー平成18年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成19年式買取相場
ハリアー平成19年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成20年式買取相場
ハリアー平成20年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成21年式買取相場
ハリアー平成21年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成22年式買取相場
ハリアー平成22年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成23年式買取相場
ハリアー平成23年式買取相場について解説しているページです。