ハリアー平成21年式買取相場

iPhoneSE予約ハリアー平成21年式買取相場
100万円〜160万円

この年は、ハリアーの中で最高級グレードといっていいような特別仕様車が発売された年です。
平成21年式のハリアーを持っている方にもこの特別仕様車を持っている方が多いのではないでしょうか。

グレード名はアルカンターラ・プライムバージョン、240G Lパッケージと350G Lパッケージをベースとしているので240G Lパッケージ・アルカンターラ・プライムバージョンと350G Lパッケージ・アルカンターラ・プライムバージョンという非常に長いグレード名ということになります。
これには名前が示すようにアルカンターラを使ったインテリアがメインとなるものなのですが、過去に発売されたアルカンターラバージョンとはちがう本革とアルカンターラのコンビシートやインテリアパネルなどが使われているのが大きな特徴です。
ここまで来たら本革仕様でもいいのではと思いますが、他にも魅力的な装備が追加されているのでこれはこれでいいのかもしれません。

このグレードならではの装備としてはアルカンターラを使った車検証入れ、ルーフスポイラー、新しくなったHDD型にカーナビゲーションシステムを標準装備しています。
これだけついていれば、ハリアーという車の性格を踏まえたうえで考えると勝った人が後から何か付けるということはなく、買ったままの状態で乗ることができると思います。
実はこういった車は買取店では非常に喜ばれます。

買取店をはじめ、中古車市場というのはとにかく「純正」という言葉が大のお気に入りで、へたにサードパーティー製のパーツでいじってあるより、純正パーツだけの方が耐久性もあるし無難なデザインとなるのでどんな方からも受け入れられるというのが理由のようです。
ハリアーぐらいの車格となるとカーナビにしても純正であった方がきれいに収まるので見た目がいいし、仮にルーフスポイラーを付けるとしても、大きくて下品なものより小さめの純正がいいという傾向があります。
もちろん平成21年式と比較的年式が若いこともあって、このアルカンターラ・プライムバージョンであれば結構な金額を期待することができます。

ざっと考えても100万円以上になると思われますが、やはりこの年式でも3.5リッターエンジンモデルより税金が安く燃費も3.5リッターエンジンモデルよりは良い2.4リッターエンジンモデルの方が高く売れるようです。
駆動方式にしてもやっぱりFFモデルが人気があるようで、降雪地域にある買取店でなければ、FFモデルの方が高くなる傾向があります。
⇒ハリアーを買取相場よりも高く売る方法

関連ページ

ハリアー平成13年式買取相場
ハリアー平成13年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成14年式買取相場
ハリアー平成14年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成15年式買取相場
ハリアー平成15年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成16年式買取相場
ハリアー平成16年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成18年式買取相場
ハリアー平成18年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成19年式買取相場
ハリアー平成19年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成20年式買取相場
ハリアー平成20年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成22年式買取相場
ハリアー平成22年式買取相場について解説しているページです。
ハリアー平成23年式買取相場
ハリアー平成23年式買取相場について解説しているページです。